バックナンバー20181014【快適住宅論】木の家で大事なのは木そのもの

【快適住宅論】木の家で大事なのは木そのもの

酒井です


前回の続きからはじめます


■ 前回のバックナンバーはこちら

  https://sa-design.com/blogs/1167/articles/2184


「何か一つでも役立つこと」の続きです


もちろん家づくりで役立つことです たとえば 家を新築したり、


リフォームしたり、


インテリアを良くしたり、


とにかく、家に関することの話です(^^)


あと 趣味のこととか、


家族のこととか、


も、書いてしまうかもしれないですが 建築士の立場からの話です


それと、私も父親というかパパの立場からも

書きたいと思います


■ 木の家で大事なのは木そのもの


木の家というのは、柱とか梁などの

主要な構造部分が木でできている家のことです


木そのものが良くないと、いい家にはなりません


鉄骨の家やコンクリートの家とは違います


木をよくみてください


まずは、こちらの木を見てください


 → https://ameblo.jp/ie-zukuri/entry-12411933599.html


ではまた!


■ 編集後記  (編集後記はメルマガだけ)