ユーソニアン・ハウスのはじまり

 

ユーソニアン・ハウスのはじまりは、

1918年におきたスペインかぜからの1929年の世界大恐慌で不況の時代に1932年、フランク・ロイド・ライトは、不況の中、フェローシップと名付けた建築を教える学校をはじめた。

ライトは、ごく一般的な所得層の市民のための家をつくる新しい方法。

「手頃な価格の住宅は、アメリカの大きな建築課題であるばかりでなく、この国の大半の建築家にとって最も困難な問題である。私は、自分が思い描きうる何かを建てることよりも、その課題を私自身とユーソニア(アメリカ)が満足するものとして解いてみたい・・・」

ライトによる答えは、「ユーソニアン・ハウス」と呼ぶデザインであった。

スペインかぜから100年後の2020年にコロナウイルスによるパンデミックで、世界的にロックダウンになり、同じような不況に突入したと言ってもよいでしょう。

ライトのいうユーソニアン・ハウスを2020年に建てる家のヒントになるのではないでしょうか。