注文住宅はハウスメーカーに頼んではダメです!!

こんにちは、酒井です。

注文住宅はハウスメーカーに依頼すると、とんでもなく高額になるか、妥協につぐ妥協によって注文住宅でなくなることが多いようです。

今までの経験上、うまくいった話を聞きません。

ハウスメーカーらしい家にはなるでしょうが、本当に建てたかった当初の注文住宅ではなくなってしまうからです。

ハウスメーカーのような利益追求型の経営では、クライアント(施主)の要望に答えられる仕組みになっていないからです。

注文住宅って時間も手間もかかります。

低コスト、要望どおりの設計、注文どおりの家にするには、一級建築士に相談してください。

営業するわけではないですが、注文住宅は個人のための設計になります。

基本的に1人のクライアントの要望に応えることが一級建築士の仕事です。

相手が1人または家族なら住宅ですね。

相手が会社なら店舗であり、事務所であり、工場などです。

役所なら公共の施設ということですよね。

クライアントの要望に応えるために頑張る人たちです。

あの有名な建築家フランク・ロイド・ライトでさえも、クライアントのために設計していました。

まとめると、注文住宅を建てるなら設計事務所へ頼むのがベストな方法ということです。

なぜなら設計事務所、一級建築士は建築コストとは切り離されているからですね。

ではまた!